版築ロケットストーブ第2弾製作中

先日試し焚きに成功した版築ロケットストーブ。
性能としてはまあまあだが、デザイン面などまだまだ改良したい点がいくつかあり、現在新たに第2弾を製作中。
こちらが新しく作った型枠。

実はいま、建築家・遠野未来さんと一緒に、版築のワークショップを企画している。
今のところ、11月中に一度やりたいと思っている。(日程等決まればお知らせします)
この日はその打ち合わせに遠野さんが来られるということで、慌ててこの型枠を作ったというわけ。

版築

煙道をどうするかあれこれ思案したが、今回はこんなものを作ってみた。

このジグソー、タタミを切る専用の刃がついている。
以前タタミハウスをやった時、岡谷の杉浦畳店さんから提供して頂いたすぐれもの。

タタミ

そのジグソーを使って、墨に合わせてタタミをカット。

タタミ

で、作ったのがこちら。
ロケットストーブの焚口からヒートライザイーまでの煙道。
これを型枠の中に仕込んで土を入れて突き固め、乾いた後で火を付ければ、タタミは燃えてなくなってしまう寸法。
ちなみに、燃え残った後は200ミリ角の煙道が出来るようにしてある。

タタミ

版築ロケットストーブ1号機、今日は一日焚いていた。
土もすっかり乾いて、本体から水蒸気が出ることもなくなった。

版築

この日は鉄板の上にやかんをかけてお湯を沸かしてみた。
30分ほどで沸騰。

クリックで応援よろしくお願いします!

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2019.09.8

    台風に備えて
  1. 2015.07.25

    小屋フェス
PVアクセスランキング にほんブログ村
PAGE TOP