版築ロケットストーブ試し焚き

先日作業場に設置した、版築で作ったロケットストーブ、乾燥も進みすっかり焚けるようになっていたが、今日ようやく煙突の配管が終わり、本格的に試し焚き出来るようになった。
それでもまだ完成ではなく、一応焚けるようになったという段階。

版築ロケット

早速点火。
この版築ロケットストーブ、今まで作ったロケットストーブの中で一番よく燃える。
ゴーッというロケット音もして、初めて焚いた時は感動的だった。
焚口から吸気する力も強く、煙が逆流することがほとんどない。
まさに優等生のロケットストーブだ。
なぜそうなったか考えると、やはり徹底的に断熱をしたのが効いたのだと思う。
その性能は、煙突を横に延ばしても変わらなかった。

版築ロケット

約2メートルの横引きを折り返して、本体横から立ち上げ、壁から横へ排気する方法を採用。
横引きの煙突を煉瓦などで囲い、ベンチにでもすれば、煙突からの熱を効率よく利用できる。
ちなみに縦の煙突は、手で触れるほどの温度。

版築ロケット

壁にメガネ石を取り付け排気。
ここから出る煙は、ほぼ水蒸気だけだった。

版築ロケット

版築ロケット、結構時間をかけて乾かしたつもりだったが、実際焚いてみて、まだ水分が残っている印象を受けた。
もっとも薪を燃やすと水蒸気が出るので、排気の中にはその水分もあると思うが、焚口周辺の隙間から水蒸気が出てくる場所があった。
徐々におさまってくると思うけれども、やはり1シーズンくらい焚いてみる必要がありそうだ。
それでもかなり手ごたえを感じた版築ロケットストーブ。
皆さんも試してみてください。

クリックで応援よろしくお願いします!

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2019.09.8

    台風に備えて
  1. 2015.07.25

    小屋フェス
PVアクセスランキング にほんブログ村
PAGE TOP