雪だるま

前日の雪降りから一転、この日は気温が低く寒い1日だったが、冬晴れでまぶしいほどの日差し、すがすがしく気持ちの良い1日だった。
さすがに冬至を過ぎると少しずつ日が長くなり、太陽の力が強くなってくるのを感じる。
朝、入口の脇をふと見ると、子供たちが作った雪だるまがあった。

雪だるま

その子供たち、上の二人が小学校から帰ってくると、裏山の斜面でそり遊びが始まった。

そり

子供たちが「楽しいよ~」と呼びに来て、僕も久しぶりに滑ってみた。
思ったよりも斜面が急で、しかも一度溶けかけた雪が凍った状態なので、想像以上のスピード。
その上雑木林の中、狭い木の間を滑って行くのでスリル満点。
しばらく爽快な気分を味わった。
ところが、最後に小さな切株に尻を強打、しばらく起き上がれないほどの痛さにあえなく撃沈となった。

それにしても、子供たちのパワーはすごい。
結局、暗くなるまでそり遊びは続いていた。
冬には冬の楽しみあり。

クリックで応援よろしくお願いします!

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2019.09.8

    台風に備えて
  1. 2015.07.25

    小屋フェス
PVアクセスランキング にほんブログ村
PAGE TOP