味噌作り

昨年ぐうたら村の畑で採れた大豆を使った味噌作りのワークショップが、清里のキープ自然学校で行われた。
教えてくれたのは、ぐうたら村の女将。
いつもありがとう、感謝。

味噌作り

女将が下準備してくれていた大豆。

味噌作り

それを機械でペースト状に。
僕が子供の頃、実家で毎年のように味噌作りをしていた覚えがある。
近くの豆腐屋に近所の人たちが集まり、1日かけて味噌の仕込みをした。
その時はこの作業、手動の機械でおこなっていた記憶がある。
今回使ったのは電動の機械、便利になったね。

味噌作り

こちらは麹。
米麹と麦麹が半々の割合。

味噌作り

そこに大量の塩を混ぜ、手で良く混ぜ合わせる。
この作業、「塩切り」と言うそうだ。

味噌作り

その、麹と塩を混ぜたものを大豆のペーストに投入。

味噌作り

練り込むようによく混ぜる。

味噌作り

ある程度混ざったら、大豆の茹で汁を加える。
これで少ししっとりとする。

味噌作り

更に良く混ぜ、団子状に。
子供たちも積極的にお手伝い。
この大豆の団子を、それぞれが持ってきた容器に仕込んで完了。

味噌作り

8か月ほどで、味噌として食べられるようになるそうだ。
いやー、待ち遠しい。

味噌作り

一通りの作業が終わり、女将が昨年9月に仕込んだという味噌を味見させてくれた。

味噌作り

右側の滑らかなのが表面、左が下の方の味噌。
びっくりするほど味が違うが、どちらも味わい深く、美味しかった。

味噌作り

久しぶりに会った仲良し二人組。
二人とも、良くお手伝い出来ました。

味噌作り

最後に女将が、3年物の味噌を見せてくれた。
昼食は、この味噌で作ったほうとうを頂きました。
とても美味しかった。
ごちそうさまでした。

味噌作り

自分たちで種まきや草刈りをして大事に育て、みんなで脱穀まで行った大豆を使っての味噌作りは、心に残るとても楽しい作業だった。
ぐうたら村で大豆を育てる作業を手伝ってくれた人で、今日参加されたのはほんの一部の人たち。
この日都合が合わず、来たくても来られない方が何人もいたそうだ。
今年、ぐうたら村の畑:ぐうたらファームは、面積も広くなり、もちろん大豆も作る予定なので、来年また味噌作りのワークショップがあるかもしれない。
また、昨年の大豆もまだたくさんあるし、味噌もぐうたら村用に仕込んだものもあるので、販売や今年のワークショップの昼食を楽しみにしてください。

クリックで応援よろしくお願いします!

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2019.09.8

    台風に備えて
  1. 2015.07.25

    小屋フェス
PVアクセスランキング にほんブログ村
PAGE TOP