アースバック工法の家、安曇野パーマカルチャー塾

安曇野パーマカルチャー塾2011、今年の建築実習のテーマはアースバック工法
知り合いのビルダー、ミチ君が講師をしているので、6月の実習の日に合わせて、見学がてらお手伝いに家族で参加。
今年の参加者も、熱い人が多かった。

アースバック

麻の土嚢袋に土を詰める手作りの枠。
袋の両端をクリップで止めて、4個同時に土を詰めることができる。

アースバック

これは何でしょう?猫の手と名付けました。(勝手に)

アースバック

こうして二人で、土嚢袋を持ち上げて運ぶ道具でした。

アースバック

かなり積み上がって来た。

アースバック

うちの子供たちも、土を集めるお手伝いに果敢に挑戦。
邪魔をしてただけ、という気もしますが…。

アースバック

エントランスが良い雰囲気。

アースバック

ここまで積みあがった。

アースバック

開口部の上部は、土嚢を逆三角形に組み合わせて重量を分散。
アーチ橋などで見られる技術。
造形の美しさに、参加者から歓声が上がっていた。

アースバック

いろんな可能性を秘めたアースバック工法。
作業に参加させて頂いて、とても良い勉強になった。

子供たちへのご褒美は、シャンティクティの、畑のいちご。
特に3番目が、ほとんど食べつくしてしまいました。
朋子さん、ごめんなさい。
でも子供たち、とても喜んでいました。
みなさん、ありがとうございました。

クリックで応援よろしくお願いします!

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2019.09.8

    台風に備えて
  1. 2015.07.25

    小屋フェス
PVアクセスランキング にほんブログ村
PAGE TOP