ロケットストーブの試し焚きをしてみた

作業場の入り口付近に置かれ、独特の存在感を放っているロケットストーブ。
瀬戸漆喰を塗った仕上げも完全に乾いてい、とても良い感じ。
毎日見ていると、時々焚いてみたくなる。

ロケットストーブ

この日、材料運搬の合間に少し時間ができたので、試炊きをしてみた。
なんと2月以来、完成後初めての火入れとなった。

先ず焚口の少し奥の方で、紙を燃やす。
そこに細かい木材を少しずつ入れてやれば一発点火。
引きも良く、とてもよく燃える。

ロケットストーブ

一握り程の木くずで、三十分ほど燃えたかな。
やはりとても燃費が良い印象。
そして燃焼搭(ドラム缶)はすぐに温まる。
ドラム缶の側面は何とか触れるくらい、上部はすぐ熱くなり、やかんでもかければすぐにお湯が沸きそう。
今度やってみよう。

ロケットストーブ

このロケットストーブ、ほぼマニュアル通りに作ったので、燃焼には全く問題ない。
あとは煙突を延ばして、横引きの実験をしてみよう。
このシステムを使って、今年の冬から自宅の暖房に使ってみたいのだが、間に合うかな。

クリックで応援よろしくお願いします!

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2019.03.17

    鳩と鹿
  2. 2019.03.11

    屋敷神様
  3. 2019.03.10

    藤森照信作品
  1. 2015.07.25

    小屋フェス
PVアクセスランキング にほんブログ村
PAGE TOP