博山先生看板製作続き

この日も、博山先生の看板製作お手伝い。
「杉さん、そろそろお昼にしよう。」
誘われて行った店は、季節の山菜を使ったお寿司のおいしい店だった。

IMG_0013_20120313215006.jpg

外には版築のベンチとテーブルが。
中に入って見ると、正面の壁が赤の磨きで仕上げてある。
極めつけはカウンター。漆喰の白磨き仕上げだった。
思わず「誰がやったの?」と聞くと、「同級生の左官屋」とのこと。
この近くにもいたんだ。早速名前を教えてもらった。
ちなみに壁はイタリア磨き、カウンターはタデラクトの技法で仕上げたとのこと。
暫し、先生と若きオーナーと僕とで漆喰談義。

帰り際、先生が僕を改めて紹介してくれた。
「この人は富士見の大工さんで、今仕事を手伝ってもらってんだ。二日来てくれることになっている。」
「えー、先生、半日って言ったじゃないですか。」
時すでに遅し。翌日も手伝うことに。
まあそれもいいでしょう。

という訳で、翌日も先生のところへ。
製作中の看板、だいぶ仕上がってきた。

看板

仕上がった字はこの出来栄え。
光の加減で、不思議にも字が浮いたように見える。

看板

今回は、二枚の大看板を同時に作っている。

看板

これだけの仕事、確かに、誰かに手伝ってもらいたくなるよね。
私で良ければ、手伝いますとも、、、出来る範囲で。

この他にも、キリでオブジェを作る予定とのこと。
先生のバイタリティーには頭が下がります。

クリックで応援よろしくお願いします!

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2019.10.30

    今日のペチカ
  2. 2019.10.27

    西検5級
  1. 2015.07.25

    小屋フェス
PVアクセスランキング にほんブログ村
PAGE TOP