気球

うちのマル(犬)は夜になると玄関につないでいて、朝までそこに置いてある小屋で眠っている。
昼間は、最近庭につないでいる事が多くなった。以前はマルを車に乗せて仕事に連れて行ったりしていたが、庭につないでいても、天気の良い日は手足を伸ばして眠っていてとても気持ちよさそうだ。
アイヌ犬の特性らしく、基本的に無駄吠えはあまりしないが、知らない人が来たり猫や鳥などの動物が庭に来たりすると突然激しく吠える。その吠え方も「ワンワン」ではなく「キャーン」とか「キューン」とかの甲高い声で、むしろ遠吠えに近い。マルがそんな吠え方をした時は、大抵何か見知らぬものが庭に来た時で、窓から外を見るとびっくりする事がよくある。
つい先日もマルが騒ぎ出したので窓から外を覗いて見ると、隣家のお蔵の屋根の上に見たことのないような背の高い鳥が止まっていた。最初は鶴かと思ったが、そんなはずはない。よく見るとサギのようだ。それにしても珍しい。
それを見つけた嫁さんが言った。
「こういうのをホームページに載せな。」
「・・・」
仰る通りです。
早速カメラを持ち出したが、鳥は飛び去った後だった。残念。
この日はその後庭にねずみが現れ、マルの騒がしい吠え声がしばらく響いていた。
村の上空を通過する気球
そして今日、パソコンに向かっていると庭からマルの吠える声が、、、。
窓から外を見てびっくり。なんと大きな気球が、庭のすぐ向こうを飛んでいるではないか。こんなに近くで飛んでいる気球を見るのは初めてだ。早速カメラを持ち出して外に飛び出した。
嫁さんも子供も出来て、家族総出で気球を追いかけたが、気球の飛ぶスピードは思ったよりも速く、どんどん遠くへ行ってしまった。
近所の人も珍しがって、何人か外に出て気球を眺めていた。
家に戻り、ふと思い出したのが、昔読んだ「笛吹きおじさん」という話だ。
村の子供たちが、笛を吹く男の後について行ってしまうという話。子供達って、そういう何気ないことに興味を持つんだよな。あの話の結末はどんなものだったか、もう忘れてしまった。
でも今日気球を追いかけて、大人になってそんなわくわくする事がしばらくなかったのだなーとちょっと感じた。
「一度気球に乗ってみたい。」と嫁さんが言っていたが、今度乗ってみるか。

クリックで応援よろしくお願いします!
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2019.10.30

    今日のペチカ
  2. 2019.10.27

    西検5級
  1. 2015.07.25

    小屋フェス
PVアクセスランキング にほんブログ村
PAGE TOP