カエル

マルの散歩の時、近くの田んぼの畦道を通る事が多い。
今年、ちょっと変だなと思うのは、例年に比べてカエルの数が少ないことだ。

去年まで田んぼの畦道を歩くと、一足踏み出す度に、驚いたカエルが両脇の田んぼに飛び込んで行ったものだが、今年は極端にその数が少ないのだ。

今年に入ってから、メディアでカエルツボカビ病なるものが取り上げられているが、その影響なのだろうか。

田んぼの生き物は、年々少なくなっていて、最後の砦がカエルだと思っていた。
しかし、ついにそのカエルにも魔の手が忍び寄ってきたということか。。。

身の回りから次々と姿を消す動物たち。。。
このままでいいのか。

クリックで応援よろしくお願いします!
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2019.10.30

    今日のペチカ
  2. 2019.10.27

    西検5級
  1. 2015.07.25

    小屋フェス
PVアクセスランキング にほんブログ村
PAGE TOP