蓼科で、トラス工法の納屋作り

富士見に移ってから、めっきり行くことが少なくなった蓼科で、納屋を作る仕事をさせてもらうことになった。
この基礎は、お施主さんが自ら施工されたもの。プロ顔負けの出来栄えだ。

トラス

知り合いの大工さんの加工場で刻み、準備していた材料を積み込んで出発。

トラス

方杖を取り付けた柱を立て、桁を乗せる。

トラス

トラスの組み立て。

トラス

柱の上に取り付けていく。

トラス

夕方、西の空がきれいだった。

トラス

応援に来てくれた親方と二人、1日作業してここまで進んだ。
後日筋交を入れ、屋根材を張り、壁の下地(貫)を取り付ければ、僕の役目は終了。
その後は、お施主さんが必要に応じで、壁を張ったり断熱を入れたり、作業をされる予定だ。

トラス

この納屋は、夏に行った四万十で見た小屋からインスピレーションを得てデザインしたもの。
お施主さんの希望で、4寸角のヒノキを使った分、がっちりとしたフォルムになった。
お施主さんも気に入ってくれたようで、一安心。
この建物が、どんなふうに活用されるのか楽しみだ。

クリックで応援よろしくお願いします!

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2019.09.8

    台風に備えて
  1. 2015.07.25

    小屋フェス
PVアクセスランキング にほんブログ村
PAGE TOP