古屋の瓦屋根、補修工事

梅雨の前にと頼まれた、屋根の補修工事。
瓦をはがしてみると、杉皮のルーフィングが出現。
時代を感じる瞬間。

屋根

埃を払ってみると、とても六十年も経っているとは思えない輝き。
杉皮を屋根の雨押えに使うという昔の人のアイデアに感動すら覚える。
そして素材としての素晴らしさ。

屋根

傷んだ瓦桟を取り換え、野地板を張り替える。
そして、今度は杉皮ではなく、最近のルーフィングを張り、瓦を載せ替える。

屋根

場所によっては、垂木や野地板もかなり傷んでいた。

屋根

傷んだところはすべて手直し。
綺麗になりました。

屋根

本当は瓦も全部取り替えたいところだが、予算の都合で、今回は見送り。
古屋の直しは、昔の人の仕事を勉強できるいい機会。
なぜか今年に入って、そういう仕事が多い。

クリックで応援よろしくお願いします!

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2019.09.8

    台風に備えて
  1. 2015.07.25

    小屋フェス
PVアクセスランキング にほんブログ村
PAGE TOP