高遠よっさんち、土壁づくりワークショップ

高遠のフリーキッズヴィレッジでスタッフをしている、よっさん&ノリタケ夫婦の自宅で、土壁作りのワークショップが行われ、僭越ながら講師として呼んで頂き参加した。
こちらがオーナーのよっさん。いい笑顔だねー。
あいにくの雨だったが、そのおかげで稲刈りが延期になり参加できた人もいて、よっさんいわく「恵の雨ですね」。

よっさんち

パキスタンからボランティアで来日、フリーキッズに滞在しているライオネル、通称ライチャン。
彼は、被災地を中心にボランティアとして活動、日本には3か月滞在したそうだ。
フリーキッズに通ううちに、とても仲良くなった。

よっさんち

こちらはスペインからのウーフ。国際色豊か。

よっさんち

作業は、木舞を掻くなどの下地チームと、養生をしたり壁を塗るチームに分かれてスタート。

よっさんち

荒壁は、二人一組で中外同時につけていく。
2時間ほど作業するとみなさんとても慣れてきて、どんどん手際が良くなっていく。

よっさんち

今回使った土は、近くで出た赤土に、古い壁土を混ぜたもの。
それを2ヶ月弱、切藁と水を混ぜて練り、発酵させて作った。

よっさんち

子供たちもお手伝い。

よっさんち

特徴的な窓はノリタケのデザイン、よっさん施工。

よっさんち

途中、この日の参加者で記念写真を撮った。

よっさんち

次々と壁が出来ていく。
下げ縄を垂らし伏せ込んだ後、鏝でしめていく。
フリーキッズで三心左官の伊藤会長に教えてもらったやり方。

よっさんち

ここもノリタケデザインの壁。
四角い枠に、カラスブロックを入れる予定だそうだ。

よっさんち

4時過ぎ、作業終了。参加者が持ち寄った果物やお菓子を頂きながらお疲れさん会。
結局、大人と子供合わせて30人ほどの方が、作業に参加して下さった。(二日間で延べ50人とか)

よっさんち

参加されたみなさんは、土壁のワークショップというよりも、よっさんとノリタケのために駆けつけたという人たちばかり。
二人の人柄がそうさせるのでしょう。
今回も、いい出会い、いい気付き、とてもいい経験をさせてもらいました。
みなさん、ありがとう。

クリックで応援よろしくお願いします!

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2019.09.8

    台風に備えて
  1. 2015.07.25

    小屋フェス
PVアクセスランキング にほんブログ村
PAGE TOP