版築ロケットストーブ

版築のサンプル2つ目を作ったあたりから、どうせサンプルを作るのなら何か使えるものができないだろうか、と考えた。
そこで思いついたのが、版築で作った暖炉。
工場で使っていた薪ストーブを去年、自宅に持って行ってしまったので、工場の一角に設置することに。
どうせやるなら暖炉ではなく、ロケットストーブの仕組みを取り入れた燃焼システムにしようと思いついた。
以前シャロムの臼井さんが作った、ペチカ型ロケットストーブを参考に、手元にある材料で型枠を組む。
燃焼搭は120ミリのステンレス煙突、ボイド管を使って土の層と断熱材の層を作る。

版築ロケット

ボイド管の二重目は断熱層。
手元に適当な断熱材がなかったので、もみ殻に土を混ぜたものを使ってみる。

版築ロケット

ヒートライザーと断熱層の間には、土を詰めて突き固めた。
高温でステンレス煙突が傷んでも、この土の層が断熱材を保護してくれるのではという目論見。

版築ロケット

あとはひたすら土を練り、型枠に入れ突き固める。
一番上は鉄板でふさぐ予定。
排気の通り道を想像しながら煙道を作ってみた。

版築ロケット

型枠を外す。
思わず声を上げてしまいそうなくらい、版築の美しいラインが現れた。

版築ロケット

右側の一段低いところが焚口。

版築ロケット

これ一台で、今年の冬は工場での作業が楽しくなりそう。

クリックで応援よろしくお願いします!

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2019.10.30

    今日のペチカ
  2. 2019.10.27

    西検5級
  1. 2015.07.25

    小屋フェス
PVアクセスランキング にほんブログ村
PAGE TOP