軽トラ

昨年末、ついに軽トラがいかれてしまった。
去年の2月に、22万キロを超えたあの軽トラだ。
最終的に走行距離が24万キロになり、パワーも落ち、エンジンからはカラカラと変な音がし始め、最後はスピードメーターも距離計も動かなくなってしまった。
それでも車検が1月12日まであったので、ぎりぎりまで、もう一度修理して車検を取るべきか、それとも廃車にして新しい軽トラを買うべきか迷っていた。
近くの車屋にも相談していたが、当然ながら「買い換えた方が無難ですよ」と言われていた。

そんな矢先、知り合いにその話をすると「うちにある軽トラ車検が切れているけれど、車検を取れば使っていいよ」と言ってくれた。
前の車は三菱の平成12年式のものだったが、今度はスバルの平成4年のかなり古いものだ。
それでも走行距離は2万5千キロほど。
ほとんど乗っていなかったんだな。
ためしに走らせてみると、これがなかなかよく走る。
ただスバルの古い軽トラの特徴か、ミッシッヨンに癖があってギアチェンジがどうもスムーズにいかない。
もう2週間以上乗っているが、まだ慣れない。
と言うか、この硬いギアのまま乗るしかないのだろうな。

仕事柄、軽トラは必要不可欠の道具だ。
どんなに古くてもギアに癖があっても、無いよりはまし。
車検を取ったから、これでとりあえず2年間は使う事が出来るのだ。

住んでいるこの辺りは、冬の寒さが厳しく、自動車を選ぶのにも色々制約がある。
例えば冬場は、4駆でなければ話にならない。もちろんスタッドレスタイヤでだ。
自動車の保険を選ぶ時、エアバックとかABSとか、割引になる条項がいくつかあるが、4駆も是非それに加えてほしいものだといつも思う。

それにしても、この軽トラで遠くに行くのはちょっときついかな。
前の車も20万キロを越えてから、さすがに高速道路を走るのはちょっと心配だった。
特に長いトンネルの中など「ここで止まったらどうなるのかな」と考えると、今にも止まりそうな気がして、きがきではなかった。
まあ、出来るだけ高速道路は走らない事だ。

知り合いに、買った中古車が旅先で故障して以来、新車しか買わないと決めている人がいた。
そういう経験がなくても、自動車は新車で買うという人が多いかもしれない。
ローンを組めばそれも不可能ではないが、中古車を乗る時は、いつも何か出会いのようなものを感じる。
それに、自動車も含めて、道具は出来るだけ使えなくなるまで使いたいと思う。

今回は、数少ない新車の軽トラを買うチャンスだったが、まあ貧乏性と言うか、また中古車と出会うことが出来て、今回も中古車に乗る事になった。
まあそれもいいんじゃないかな。

クリックで応援よろしくお願いします!
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2019.10.30

    今日のペチカ
  2. 2019.10.27

    西検5級
  1. 2015.07.25

    小屋フェス
PVアクセスランキング にほんブログ村
PAGE TOP