土砂崩れ

辰野に住む木工作家の友人の、作業スペース拡張のお手伝いをするため、諏訪から辰野に抜ける有賀峠を越えた。先日の大雨で一部土砂崩れが起きた道路だ。
復旧作業のため、まだ一箇所片側通行になっていたが、他の場所でも所々で災害の爪あとが残っていた。
昨日は、今回の災害で被害の大きかった、諏訪の湊地区の横を抜ける道路を通ったが、景色が一変していて驚いた。瓦礫は概ね片付けられているようだったが、厄介なのは泥だ。あちこちにこびりついて、作業の妨げになったに違いない。
その光景を見て思い出したのは、阪神大震災だ。
当時関西に住んでいて、被害こそ受けなかったが、被災地には知り合いも多く、決して人事ではなかった。
数週間後、ボランティアで、倒壊した家の撤去作業に行ったが、被害の大きさに言葉が出ず、黙々と作業するしかなかった。
災害に遭われた方の気持ちは、被害に遭っていない我々には、とても推し量ることが出来ない。
ただ今回も、たくさんのボランティアの方が全国から駆けつけて、瓦礫や泥の撤去作業を手伝って下さったようだ。
災害という辛い出来事から立ち直るのは容易ではないが、ボランティア活動が被災された方たちの元気に繋がれば、それは素晴らしいことだ。
被災された方たちの生活が、一日も速く「普通」に戻るよう祈ります。

クリックで応援よろしくお願いします!
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2019.10.30

    今日のペチカ
  2. 2019.10.27

    西検5級
  1. 2015.07.25

    小屋フェス
PVアクセスランキング にほんブログ村
PAGE TOP