パソコン

久方ぶりのnotebookの更新。
ほぼ1ヶ月の間、更新できなかったのには理由(言い訳)がある。

①下請けの、新しい現場の新築工事が始まり、更新する時間がなかった。
②現場が遠いため、更新する時間がなかった。
③子供たちがまだ小さいため、子守をしていて、更新する時間がなかった。
④風邪をこじらせてしまい、更新する時間がなかった。
まあ、言い訳としてはそんなところだが、もう一つ、大きな理由として、ついに自宅のパソコンがトラぶってしまった。
今使っているのは、デスクトップ型のソニーのバイオ。7年ほど前に、近くの家電量販店で購入した。もちろんウインドウズだが、当時はOSがMEで、どうにも使いづらくちょっと後悔していたところに、コンピューターに詳しい人からのアドバイスで、XPにバージョンアップして、かなり使いやすくなった。
今までメモリを増やしたり、2回ほど修理に出したりしたが、何とか無事働いてくれていた。それが、ついにいかれてしまったのだ。
以前パソコンがトラブルを起こした時は、購入した電気店に修理に出したのだが、電気店ではそれをメーカーに送って修理するため、2週間以上時間が必要だった。
今回は、メールで打ち合わせを進めている事などもあり、そんな悠長な事はしていられない。
という事で、修理をしてもらえるところを探してみた。すると、そういうことを生業にしている人はちゃんといるようで、近くで修理してくれる人にめぐり合う事ができた。

故障の原因は、内蔵されているHDの不調。容量の割りに情報量が多く、長い間HDに負担がかかっていたらしい。
修理をしてもらったところでいろいろアドバイスをもらい、問題解決のため、HDを新品と交換。HDの性能を上げ、メモリも最大まで増やし、と、色々やってみた結果、これでまたしばらく働いてくれそうで、ほっと一安心。
幸い、中のデータも失われておらず「3.5インチHDDケース」というのを買って、データも移し換える事ができた。
それでもまだ、以前インストールしたソフトなど使えなくなってしまったものも多く、完全復活まではもう少し時間がかかりそうだ。

それにしても、コンピューター関係の用語や仕組みなど、依然わからない事が多い。今回も色々説明してもらったが、言われていることの半分くらいしか理解できなかったような気がする。
パソコンに疎い者としては、詳しい人に出会うと尊敬してしまう。今回修理をしてもらった人も、思わず背中を拝みたくなるような、仏様に見えた。(ちょっと大げさ)

話は変わるが、知り合いでマックを使っている人は結構多く、中には熱心に勧めてくれる友人もいて「次に買い換える時はマックにしようかなー」と、ちょっと思い始めていた。ところが今回もその仏様に「マックはいいよ、性能が違う」と言われ、次はマックにしようかな、と真剣に考えている。何しろ仏様のお言葉だ。
今まで薦めてくれた方々、ありがとう。今度はマックにします。
でもパソコン直ったから、今度って何年先だ。

クリックで応援よろしくお願いします!
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2019.10.30

    今日のペチカ
  2. 2019.10.27

    西検5級
  1. 2015.07.25

    小屋フェス
PVアクセスランキング にほんブログ村
PAGE TOP