デジカメ

久しぶりにデジカメの話題。
先日、2ヶ月ぶりくらいで、近くの某大手家電量販店に行った。
茅野市は以前、家電量販店の激戦区と言われるほど、店が密集していたが、次第に淘汰され、競争もひと段落といった感じ。
で、久しぶりに行ったその店は、店内がすっかり模様替えされていて、売っている物の配置がまるで換わっていた。どこに何が売っているのか、迷ったほどだ。
そしてもっと変わったのが、デジイチをはじめカメラ関係の品揃えが充実していたことだ。
今まで、デジイチやレンズなどのちょっと本格的なカメラ関係の製品は、地元の写真屋やデジカメ専門店で買っていたのだが、これからは家電量販店でも買えるのだ。
その上、ほとんどのメーカーの、デジイチの新製品が自由に触れるようになっていて、これは他の店ではなかったことだ。

例えば、某デジカメ専門店に行って、気になるカメラを見せてもらうとする。店員を呼んでショーケースを開けてもらって、カメラに触らせてもらう。電池やメモリーが入っていない場合もあったりして、なかなか思うように試すことが出来ない場合がほとんどだ。
その上、店員の顔色を伺いながら、3台も4台も試すことは、精神衛生上よろしくない。店員も気を利かせて、席をはずしてくれるならまだしも、じっと手元を見られていては、落ち着いて選べやしない。
その点、量販店の場合は、「どうぞご自由に」という感じで置いてあるので、ここぞとばかりあれこれ試すことが出来た。
特に、話題になっていた「オリンパスE330」や「LUMIX L1」を触れたことはとても大きかった。
「ニコンD200]も置いてあったので喜んで触りまくったが、そのお陰で自分の中で一つの結論が出た。

「E330」のライブビューに引かれて、出たばかりの頃は、ニコンからの乗り換えを真剣に考えていたが、やはりニコンはいい!
色々試した中で、特に、シャッターを切った時の振動というか感触が、ずば抜けている(ように感じた)。
その点いけなかったのが、E330。折角のライブビューが、逆に一眼レフという機能を消しているという気さえした。(気を悪くされる方がいるかもしれませんが、全てのカメラを使い込んだわけではないし、あくまで素人の戯言ということで、聞き流して下さい。悪しからず。)
数ヶ月前は、手持ちの機材を全て売り払って、オリンパスに乗りかえようかと思っていたのが、まるで嘘のようだ。見積まで出していたのに。
もっとも、またいつ気が変わるか分からない。ま、素人の密やかな楽しみと言ったところです。

クリックで応援よろしくお願いします!
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2019.10.30

    今日のペチカ
  2. 2019.10.27

    西検5級
  1. 2015.07.25

    小屋フェス
PVアクセスランキング にほんブログ村
PAGE TOP