カツラ

春にカツラの苗木を20本植えてからというもの、街で見かけるカツラの木がやたら気になって仕方がない。
以前は全く気にならなかったが、公園や街路樹、個人宅など、多くはないが結構あちこちで目にすることが出来る。
今通っている現場は軽井沢だが、途中通る佐久市の、臼田へ抜けるバイパスの街路樹にはカツラが植わっている。
先日実家の飯田へ帰った時、飯田の駅前から続く中央通りの街路樹も一部カツラだった。
ウチの近くのギャラリーには、ちょっとしたカツラの木の林があり、そこを通る時はいつもうらやましく眺めている。感じの良いレストランやホテルなどの植栽にも、立派なカツラの木が植えられていることがあるが、そんな大木を発見した時は、車を止めてつい見とれてしまう。
カツラの木は枝の出方と、葉っぱが丸いのが特徴だ。芽吹きの頃は赤い花が咲き、木全体が赤くなるので、遠目からでも見分けることが出来る。
今の時期は、イチョウの樹と少し雰囲気が似ている。
ウチのカツラはというと、高さが1mくらい、太さもまだ1cmにも満たない。葉の大きさも普通の樹の4分の1程度で、まるで赤ちゃんみたいなものだ。これがいずれ他の立派な木と同じように、大きくなるのはいつのことだろうか。
わが子の成長同様、気になる我が家のカツラなのです。

クリックで応援よろしくお願いします!
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2019.10.30

    今日のペチカ
  2. 2019.10.27

    西検5級
  1. 2015.07.25

    小屋フェス
PVアクセスランキング にほんブログ村
PAGE TOP