師走、博山先生も走っていた

暮れも押し迫り、今年中にやらなければならない仕事のため、長距離移動が続いている。
昨日は、茅野で材料を仕入れてから高遠で用事を済ませ伊那へ、そして今日、再び高遠へ行き作業をしたのち富士見で現場確認、その後打ち合わせに大泉と清里へ。
しかもこの日は夜中から雪、朝起きると結構積もっている。
高遠へ抜ける杖突峠を越えられるか心配だったが、わりと気温が高めで難なく通過することが出来た。

雪

雪が降ると何かと大変だが、子供の頃からの癖か、一方でワクワクしている自分がいる。
実際、雪が降った後の夜の静けさや、日向と日陰のコントラスト、雪景色は美しく見とれてしまう。
この日も高遠へ行く途中、何度も車を止めて写真を撮った。

雪

高遠での作業を終え、一旦家に戻り、大泉へ向かう。
その途中、博山先生の工房に寄ってみた。
先生は、「明日までだ~」という看板作りの追い込み作業中。
今作っているのは、小淵沢駅前にある先生行きつけの観音寿司さんの看板。

博山先生

今回は、看板上部に山の頂が彫られていた。
「これが甲斐駒、これが北岳、これが…」と説明して下さったが、
「観音寿司で一杯やったあと、のれんをくぐるとこの景色が見えるんだ」と先生。
この遊び心、毎度のことながら敬服します。

博山先生

そして先生の工房には、もう一人作業をしている人が。

正月飾り

先生の友人、庭師のかりちゃんだ。

正月飾り

作っているのは立派な門松。
「どこで覚えたの?」と聞いたら
「修業時代、親方に教えてもらって、年末の小遣い稼ぎだった」とのこと。
細かい細工が本物らしく、感心してしまった。

正月飾り

完成品は、小淵沢の観音寿司とかつみ食堂で見られるそうだ。
どちらも先生の看板を掲げる店。
それにしても先生の周りには、楽しみの輪がどんどん広がっていく。

今年も1年ありがとうございました。
皆さん、よいお年を。

クリックで応援よろしくお願いします!

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2019.09.8

    台風に備えて
  1. 2015.07.25

    小屋フェス
PVアクセスランキング にほんブログ村
PAGE TOP