キッチン

富士山の見える家、キッチンの引き出しに前板と取っ手を付けた。
板は全て工場にあった古材。何年も置きっぱなしにしていたボロボロの材料が、プレーナーをかけると見違えるほどきれいになった。
5種類ほどの樹種があり、色や質感の違いが面白い。組み合わせを試してみたが、最終的にこの配列に。

キッチン

キッチン全体としてはこんな感じ。
キッチン

ガス台とシンクは対面式にして、リビングの方を向いて作業できる作り。手元が丸見えにならないよう、少し高めのカウンターをつけた。カウンターの天板は、何年か前に近くで伐採していた桜の木をもらって製材しておいたものを使った。
日本に生えている木は、ほとんどが家具や棚板などインテリアにも、また場合によっては構造材にも使うことが出来る。
それをいきなり薪にしたり、チップにしたり、或いは捨てたりするのは、いかにもモッタイナイ。もっともっと活用、或いは利用する術があるはずだ。

クリックで応援よろしくお願いします!
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2019.10.30

    今日のペチカ
  2. 2019.10.27

    西検5級
  1. 2015.07.25

    小屋フェス
PVアクセスランキング にほんブログ村
PAGE TOP