ぐうたら村アースオーブン

だいぶ前の話になりますが、、、今年の夏ぐうたら村で作ったアースオーブン。
ドームのパネルをヒントに型枠を作り、そこに土を詰めて日干し煉瓦を作り、それを積み上げて作りました。
最近ドームづいているなー。

この日は隣でハーブの講座をやっていました。

正20面体のニワトリ小屋

ぐうたら村で、かまどと同時進行で作ったものの一つ、正20面体の建築物。

この日は、たくさんの方が研修で来ておられ、その中の特に建築に興味のある方達と楽しく作業した。

この建物、何に使われるかとういうと、なんとニワトリ小屋。

ニワトリも喜んでくれる、かな。

次回、野地板を張り屋根を葺いて、壁に金網など取り付ければひとまず完成。

ぐうたら村かまど 第3回

ぐうたら村でかまど作り、第3回、9月の部開催。

この日の作業説明をするコーディネーターのケイスケくん。

彼のおかげで3回に渡るかまど作り、順調に作業を進めることができた。

ナイスコーディネート。

 

かまどの裏側はこうなっている。

壁が傷みやすい地面との境に、鉄平石を貼った。

 

大変だった煙道を作る作業。

 

みんなで考え知恵を出し工夫したおかげで、煙道も無事完成。

あとは漆喰で表面を仕上げていくだけ。

 

夕方までに漆喰を塗り終わり、ついにかまど完成。

羽釜と鍋を設置したら、いい感じに。

 

みんなが見守る中、試し焚き。

煙突から煙が出た時は、思わず拍手が起きた。

感無量。

 

 

屋根で遊ぶ子供たち。

 

かまどの裏側も綺麗に仕上がった。

 

こちらは前回作ったポータブルかまど。

この日、このかまどでご飯を炊いてみた。

美味しいかまど炊きご飯を、お昼にみんなで頂いた。

ごちそうさま。

 

3日後、かまどの様子を見にぐうたら村へ。

 

いい感じに乾き始めていて、一安心。

 

10月のぐうたらワークで、このかまどを使って調理ができそう。

ぐうたら村かまど 8月の部

ぐうたら村でかまど造り。
3回シリーズの第2回目、8月20日の部。
前回作った土台の上に日干し煉瓦を使い、炉を組み上げていく。

大中小、大きさの違う三連のかまど。

かまどの形がほぼ出来上がった。

この日の作業はここまで。
参加者の皆さん、普段はそれぞれ違う仕事をされていて、いわゆる本職(左官屋さん)の方はいないが、作業に慣れるにしたがってだんだん手際が良くなって来て見ていて頼もしい。

三連かまどと同時進行で作ったのが、型枠を使ったポータブルなかまど。
次回はこれでご飯を炊く予定。

最後は焚き火で反省会。

次回もよろしくお願いします。

ぐうたら村かまど

ぐうたら村でかまど作り開始。

ぐうたら村の建設に関わって今年で4年目。
昨年までは月に1〜2回のペースで行われていたワークショップ。
毎回、畑、ハーブ、庭、森、食、建築、土木、、、など、来てくださった方が自由にテーマを選び、その日にやりたい作業に参加していた。
ただこの方式だと「ハーブもやりたいけど食も気になる」とか、「建築をやっていたらな抜けられなくて畑ができなかった」とか、内容が充実して(作業が増えて)来たなりの問題というか悩みが出て来て、今年から少しだけ方針を変更。

毎月のワークショップをテーマごとに絞って、その日は食だけとか、ハーブだけとか、来てくれる専門家(スタッフ)の得意とする分野に合わせて開催することになった。
それによりワークショップの回数も、月に2〜3回と増え、内容も充実。
参加者が自分の興味のあるテーマに絞って来れるようになった(と思う)。

で、私の担当、建築・土木。
この「土木」がミソで、家造りで言うと土を掘るところから基礎はもちろん、壁塗りや石積み、造成まで、要するに何でもやりますよ、と言うスタンス。

そして、今年のテーマはかまど造り。
10名の定員、3回シリーズで始まったこの企画。
7月8月9月と行われたワークの様子を報告。

7月17日の部。

初めての方もいて、少しだけ緊張のスタート。
今回のかまど企画、コーディネーターのケイスケ君が仕切ってくれたので心強い。

まずはかまどの土台となる日干しれんが造り。
粘土と砂、漆喰などを混ぜてミキサーで練る。

練った土を型にはめて抜くと日干し煉瓦ができる。
1ヶ月ほど乾かして完成。

子供達は泥だんご造り。

お昼はおかず持ち寄りで、ご飯とお汁をスタッフのカミちゃんが作ってくれた(心強い)。

参加者の方が持って来てくれた絵本。
アフリカの小学校でかまどを作った日本人の話。
とても参考になった。
こういうの、嬉しいね。

日干し煉瓦と同時進行で、かまどの土台造り。
焚口の下は耐火レンガ、ほかは赤レンガを並べモルタルで目地埋めして完成。

この日はここまで。
8月に続く。

ぐうたら村7月のワークショップ

ぐうたら村7月のワークショップは、梅雨晴れの中二日間。
梅雨晴れというより、もう梅雨明けかな。

初日は、午後のみの開催。
畑に降りるスロープと石で階段を作る作業。
ぐうたら村

二日目は、板村さんのハーブガーデン作りからスタート。
ぐうたら村

前回作ったペケ台、
ぐうたら村

カセットコンロ用風よけも、大活躍。
ぐうたら村

ハーブ講座は、12角ハウスの中、窓越しに見たら、まるで絵画のようだった。
ぐうたら村

皆さんお待ちかねのお昼ご飯は、この日も超豪華でした。
ぐうたら村

この日の大工チームは、突然土木チームと化し、石積みの作業。
ぐうたら村

畑との境、約20メートルの石積み完了。
ぐうたら村

今回は庭メインの、なかなかハードな内容だったけれど、ワークショップの度にどんどん素敵になって行きます。
ぐうたら村

充実の二日間。
皆さん、お疲れ様でした。

ぐうたら村、6月のワークショップ2日目

6月のワークショップ2日目。

ぐうたら

この日は、ハーブの植え付け。

ぐうたら

ハーブガーデン講師の板村さん、女性に人気の講座ですね。

ぐうたら

ぐうたら畑、ゆもっちの講座も大人気。

ぐうたら

そして、私の担当は建築。
この日は作業台の足作り。
先ずはデザインから。

ぐうたら

現場の作業台として良く使われている、いわゆるペケ台のデザインを、参加して下さった方々に提案してもらった。
沢山の優れたアイデアが出ました。

ぐうたら

子供たちは、マンガ小屋でリラックス。

ぐうたら

そして、お待ちかねの昼食タイム。
女将の献立を読み上げる、管理人ゴリ。
(迂闊にも、料理の写真を取りそこねました、残念)

ぐうたら

午後からの作業、ハーブガーデン。

ぐうたら

ゆもっちの畑。

ぐうたら

投票の結果、作業台のデザインには、得票数の多かったこの5つの作品の中から、一つに決まりました。

ぐうたら

それがこちら。
デザインしてくれた、やまちゃん2ご夫妻が、実物に書き写してくれた。

ぐうたら

それを、みんなで協力して加工。

ぐうたら

ジグソーで切り抜いたり、サンドペーパーで磨いたりして、完成。
センスの良いペケ台が出来ました。
次回、塗装すれば完成です。

ぐうたら

夕方は、焚火を囲んでの振り返り。
村長のお言葉が、耳に残りました。

ぐうたら

解散した直後、雲が晴れ、突然という感じで夕焼けが現れた。

ぐうたら

3年目のこれまで、一度も雨に降られたことがないぐうたら村のワークショップ。
お天道様に見守られているような、まさに奇跡的なこと。
有難いことです。
また次回、ぐうたら村で会いましょう。

ぐうたら村、6月のワークショップ

6月のぐうたら村ワークショップ、1日目。
この日は珍しく、村長、女王、オーナーなど、ぐうたら村の重鎮(管理職)不在の中でスタート。

ぐうたら村

この日の作業、僕の担当は日干しレンガ造り。
先ずは、日干し煉瓦の型枠作りから。

ぐうたら村

そして約1年ぶり、壁土の練り戻し。
もう3年目の壁土に、砂や石灰を混ぜて土づくり。

ぐうたら村

ぐうたら村

ゆもっちの畑や、板村さんのハーブガーデンもいい感じ。

ぐうたら村

昼食は、ボリューム叉焼定食。
女将、ありがとう、美味しく頂きました。

ぐうたら村

ゆもっちの畑で採れたズッキーニの、にんにく焼きも美味しかった。
アッコちゃん、ありがとう。

ぐうたら村

午後からも作業をして、この日1日で約60個の日干しレンガが出来た。

ぐうたら村

この日干し煉瓦を使って、炊事用のかまどを作る予定。

ぐうたら村

この日も天気に恵まれ、素晴らしい1日でした。
みなさん、ありがとう。
また明日。

ぐうたら村の池作り、二日目

ぐうたら村の池整備、二日目。
遠くから手伝いに来てくれたケイスケとヤマチャン、ここを掘ります。

ぐうたら村

池作りと同時進行で石運びも。
5往復して、これだけの石を運びました。

ぐうたら村

その石も使い、生き物たちの避難先である仮の池が完成。

ぐうたら村

ここからまた、新たに、ぐうたら村の池物語が始まりそうな予感。
この先どうなるのか、楽しみです。

ケイスケがアップしてくれた池作りの動画
動きが早くて目が回りそうだけれど、作業の様子がよくわかります。

ぐうたら村、池整備

ぐうたら村で、2年前に作ったため池。
ブルーシートが傷んできたり、落ち葉が堆積したり、子供がハマったり、、、見た目も悪く、その深さや大きさゆえの問題も出始めたことから、この際整備することとなった。

ぐうたら村

先ずは中の水を抜き、落ち葉などの堆積物を取り除く。
ところが、池の中にはメダカをはじめとする小魚や水生昆虫が多数生息しており、その捕獲作業も加わった。
これがまた、楽しいんだな。
子供の頃、台所のザルを持って近くの川に小魚を取りに行ったもんだ。
池の底には落ち葉等がヘドロ状になって溜まり、かなりの悪臭を放っていたことから、この楽しい作業は管理人のGさんと、ヤマチャンと僕、すなわち大人だけで行った。

ぐうたら村

そして、引き揚げた水生生物たちの仕分けから、我が家の子供たちが参加。

ぐうたら村

子供たちの主な仕事は、メダカと昆虫の仕分け。

ぐうたら村

下の子も夢中で仕分け中。

ぐうたら村

こんな大きなヤゴが、たくさんいたね。

ぐうたら村

シートの下にはネズミの子がいて、みんなで追いかけ捕まえました。

ぐうたら村

いっぱい遊んで、家まで帰ったらこの夕日。

ぐうたら村

一人でやると大変な作業も、みんなでやると楽しくなる。
明日は、大きな池の整備がすむまでの間、生き物たちの仮の住まいとなる小さめの池を作る作業をする予定。