ぐうたら村かまど 第3回

ぐうたら村でかまど作り、第3回、9月の部開催。

この日の作業説明をするコーディネーターのケイスケくん。

彼のおかげで3回に渡るかまど作り、順調に作業を進めることができた。

ナイスコーディネート。

 

かまどの裏側はこうなっている。

壁が傷みやすい地面との境に、鉄平石を貼った。

 

大変だった煙道を作る作業。

 

みんなで考え知恵を出し工夫したおかげで、煙道も無事完成。

あとは漆喰で表面を仕上げていくだけ。

 

夕方までに漆喰を塗り終わり、ついにかまど完成。

羽釜と鍋を設置したら、いい感じに。

 

みんなが見守る中、試し焚き。

煙突から煙が出た時は、思わず拍手が起きた。

感無量。

 

 

屋根で遊ぶ子供たち。

 

かまどの裏側も綺麗に仕上がった。

 

こちらは前回作ったポータブルかまど。

この日、このかまどでご飯を炊いてみた。

美味しいかまど炊きご飯を、お昼にみんなで頂いた。

ごちそうさま。

 

3日後、かまどの様子を見にぐうたら村へ。

 

いい感じに乾き始めていて、一安心。

 

10月のぐうたらワークで、このかまどを使って調理ができそう。

ぐうたら村かまど 8月の部

ぐうたら村でかまど造り。
3回シリーズの第2回目、8月20日の部。
前回作った土台の上に日干し煉瓦を使い、炉を組み上げていく。

大中小、大きさの違う三連のかまど。

かまどの形がほぼ出来上がった。

この日の作業はここまで。
参加者の皆さん、普段はそれぞれ違う仕事をされていて、いわゆる本職(左官屋さん)の方はいないが、作業に慣れるにしたがってだんだん手際が良くなって来て見ていて頼もしい。

三連かまどと同時進行で作ったのが、型枠を使ったポータブルなかまど。
次回はこれでご飯を炊く予定。

最後は焚き火で反省会。

次回もよろしくお願いします。