昨年暮れ、母親が亡くなってから、霊璽を収めるお社がいると思っていた。
売っているものは、どれもど派手で、ケバくていけない。
やはり作るしかないかな。
とある昔の本を見ていて、ヒントとなる写真があった。
それを基にアレンジを加え、このお社が出来上がった。

お社

今手伝いに来てくれている大工さんにも、その写真を基に作ってもらったが、やはり最後は自分で作ることにした。
そのお社を、居間の一角に設定し、霊璽を収めてて完成。

お社

ようやく一つ、肩の荷が下りたかな。

カテゴリー: 家族