お社

昨年暮れ、母親が亡くなってから、霊璽を収めるお社がいると思っていた。
売っているものは、どれもど派手で、ケバくていけない。
やはり作るしかないかな。
とある昔の本を見ていて、ヒントとなる写真があった。
それを基にアレンジを加え、このお社が出来上がった。

お社

今手伝いに来てくれている大工さんにも、その写真を基に作ってもらったが、やはり最後は自分で作ることにした。
そのお社を、居間の一角に設定し、霊璽を収めてて完成。

お社

ようやく一つ、肩の荷が下りたかな。

ぐうたら村の池作り、二日目

ぐうたら村の池整備、二日目。
遠くから手伝いに来てくれたケイスケとヤマチャン、ここを掘ります。

ぐうたら村

池作りと同時進行で石運びも。
5往復して、これだけの石を運びました。

ぐうたら村

その石も使い、生き物たちの避難先である仮の池が完成。

ぐうたら村

ここからまた、新たに、ぐうたら村の池物語が始まりそうな予感。
この先どうなるのか、楽しみです。

ケイスケがアップしてくれた池作りの動画
動きが早くて目が回りそうだけれど、作業の様子がよくわかります。

ぐうたら村、池整備

ぐうたら村で、2年前に作ったため池。
ブルーシートが傷んできたり、落ち葉が堆積したり、子供がハマったり、、、見た目も悪く、その深さや大きさゆえの問題も出始めたことから、この際整備することとなった。

ぐうたら村

先ずは中の水を抜き、落ち葉などの堆積物を取り除く。
ところが、池の中にはメダカをはじめとする小魚や水生昆虫が多数生息しており、その捕獲作業も加わった。
これがまた、楽しいんだな。
子供の頃、台所のザルを持って近くの川に小魚を取りに行ったもんだ。
池の底には落ち葉等がヘドロ状になって溜まり、かなりの悪臭を放っていたことから、この楽しい作業は管理人のGさんと、ヤマチャンと僕、すなわち大人だけで行った。

ぐうたら村

そして、引き揚げた水生生物たちの仕分けから、我が家の子供たちが参加。

ぐうたら村

子供たちの主な仕事は、メダカと昆虫の仕分け。

ぐうたら村

下の子も夢中で仕分け中。

ぐうたら村

こんな大きなヤゴが、たくさんいたね。

ぐうたら村

シートの下にはネズミの子がいて、みんなで追いかけ捕まえました。

ぐうたら村

いっぱい遊んで、家まで帰ったらこの夕日。

ぐうたら村

一人でやると大変な作業も、みんなでやると楽しくなる。
明日は、大きな池の整備がすむまでの間、生き物たちの仮の住まいとなる小さめの池を作る作業をする予定。

サッカー観戦

連休最終日、我が家の男子二人と松本へサッカー観戦に。
松本は言わずと知れた、J1松本山雅のホームタウン。
松本山雅が、長野県内の小学生全員に無料のホーム自由席招待券を配っているのかどうかは定かでないが、うちの小学生たちが松本山雅の無料チケットをよくもらってくる。
今まであまり気にも留めていなかったけれど、先日もらってきたチケットをなんとなく確認してみると、5/6(水)松本山雅VSヴァンフォーレ甲府戦。
わが家の2番目(小3男子)は去年から、ヴァンフォーレのジュニアユースに週2~3回のペースでお世話になっているし、折角なのでこの機会に、初のサッカー観戦に行ってみることになった。
ただしもらったのは、松本山雅ホーム自由席の無料チケット。
子供たちには「ちゃんと松本山雅を応援しろよ」と言いくるめて、スタジアムに到着。
連休最終日ということもあり超満員で、いやー、盛り上がってましたね。
山雅の応援団、ずーっとジャンプして歌いっぱなしでした。

サッカー

試合の結果は、2対0で松本山雅の勝利。
スタンドは大盛り上がり、でも、息子はちょっとだけ複雑だったようです。
それでも初めての、スタジアムでのサッカー観戦、楽しい思い出になったようだ。

サッカー

4月は、けがで練習を休んでいた2番目男子、また少し練習やる気になったようです。
ついでに3番目も、、、。
送り迎え大変だけど、、、まあ、頑張ってくれ。