ここ数日、朝少し早起きしたり、または夕方仕事終わり後に取り組んでいる、杉板の接ぎ合わせ。
ご存じ博山先生のキャンバス作り。

杉板

先日、先生自ら、厚さ6センチ、幅約90センチ、長さ3メートルの立派な杉板3枚を軽トラに積んで、藁の工房に登場、
「それじゃ、頼まあ」
ということで、注文の寸法に仕立てる作業が始まった。

杉板

3枚の板を、幅の違う2枚の板に仕立てる。
先ず縦に2枚の板を接ぎ合わせ、ボンドが乾いたら今度は上下に框の接ぎ合わせ。

杉板

ようやくハタガネが外れ、電気カンナ、手カンナ、サンダーなどを駆使し段差を削っていく。
いやー、よく削りました。

杉板

僕の仕事はここまで。
この板、共通の友人宅の玄関扉になる予定で、後日、先生の工房に運び込み、先生が彫刻を施し完成だそうだ。
出来上がれば、取り付けを頼まれているので、役得で真っ先に見ることが出来る。
今回も、どんな作品に仕上がるのかとても楽しみだ。

カテゴリー: 博山先生