初めての岩手

今まで行ったことのある場所(日本で)、北限は(北海道を除いて)本州では那須だった。
この連休、ちょっと無理をして家族で向かった先は岩手県。
北限の記録更新。

盛岡

目的の一つ、岩手県立美術館。
立派な建物だった。

盛岡

そこで、柚木沙弥郎先生のトークイベントが行われるということで、嫁さんのたっての希望で盛岡まで行くことになったのだ。

P1080542.jpg

柚木先生と言えば、型絵染の第一人者として、92歳になった現在でも現役で製作を続けておられるすごい方なのだ。
私たちとのつながりはというと、建築工房 藁 のロゴをデザインして頂いただけでなく、2番目(男)の子供に名前に沙弥の文字を頂戴したり、3番目(男)の名付け親になって頂いたりと、何かと深いご縁を頂いている。
それもこれも、昔カメラマンをしていた頃から先生と親交があったという、嫁さんのお義父さんのお陰。ありがたや。

岩手県立美術館で、現在常設展示されているコーナーも拝見させて頂いた。

盛岡

県立美術館から見た岩手山。
この雄姿も、記憶に残りました。

IMG_3724.jpg

柚木先生繋がりで、盛岡に行ったら是非行ってみたい場所として、嫁さん一押しの「光原社」へ。

P1080447.jpg

中にはいくつかの建物があり、一つ一つは決して大きくないが、どれも洗練された雰囲気。

盛岡

P1080610.jpg

大谷石の仏像があったり、

IMG_3706.jpg

やはり、岩手と言えば、宮沢賢治。

P1080322.jpg

宮沢賢治と柚木先生のコラボレーション。

P1080312.jpg

中にあるカフェで一服。

盛岡

盛岡

別の建物で、柚木先生の作品も展示されていた。

P1080592.jpg

P1080376_20141125210829359.jpg

盛岡滞在中、光原社に2度足を運んだが、偶然にも2度とも柚木先生とお会いすることが出来た。
ご挨拶をするとちゃんと覚えていてくださって、厚かましくも一緒に写真を撮って頂いた。
いやー嬉しかったですね。
以前お会いした時よりも、大分足が弱くなられたようだがとてもお元気そうで、今回も温かいお言葉に励まされ、勇気を頂きました。
ありがとうございました。

柚木先生と

鉄平石

諏訪の特産である鉄平石の採石場に、久しぶりに石をもらいに行った。
今入っている現場の、風呂の床に貼る予定。

鉄平石

一山丸々鉄平石という、スケールの大きさ。

鉄平石

今回は風呂の床ということで、一枚ずつ吟味しながら積み込んだが、これだけあると、まるで宝の山状態。

鉄平石

茅野からの帰り道、途中、夕日に照らされた雲が綺麗だった。

夕焼け

瀬戸漆喰講習会in清里

先日来ご案内してきた瀬戸漆喰の講習会が、清里キープ自然学校を会場に行われた。
入口に博山先生書の看板を掲げ、参加者をお出迎え。

瀬戸漆喰講習会

写真は、会場に置かれた瀬戸漆喰のサンプル。

瀬戸漆喰講習会

瀬戸漆喰代理店会、上田会長のあいさつで開会。

瀬戸漆喰講習会

瀬戸漆喰販売元、ゆわんと村佐藤舎長のあいさつ。

瀬戸漆喰講習会

前半は座学。
代理店会山本さんの漆喰についての解説。

瀬戸漆喰講習会

引き続き、防耐火の専門家、桜設計集団の安井さんによる講義。
そのあと、私も施工事例を紹介させて頂きました。

瀬戸漆喰講習会

後半は会場を外に移して、施工講習が行われた。

瀬戸漆喰講習会

瀬戸漆喰を見るのも触るのも初めての方が多く、皆さんとても高い関心を持ち、熱心に受講して下さった。

瀬戸漆喰講習会

この日は、小屋の外壁2面と、サンプル壁の土塗りなどを行った。

瀬戸漆喰講習会

石膏ボードを使わず、木摺りに砂漆喰を塗るという、シンプル且つ自然素材のみを使ったこの工法。
最近問い合わせも増えてきて、少しずつだがすそ野を広げているようだ。

今回参加して下さった方から「来て良かった」「来た甲斐があった」という嬉しいお言葉を頂いた。
普段の業務に加え、このような大きな講習会の主催という、慣れない分野でのプレッシャーもあり、数日前から準備も大変だったが、なんとか責任を果たすことが出来た。
会場をお貸しくださり側面から支えてくれたキープ自然学校の皆さん、応援に駆け付けてくれた代理店会の皆さん、佐藤舎長、安井さん、そして中部地区の仲間としてお手伝いして下さったエコ建築考房の社長さんはじめスタッフの皆さん、ありがとうございました。
そして何より、参加して下さった皆様、ありがとうございました。

四万十新聞バック

嫁さんが本気モード突入。

新聞バック

嫁さんが、四万十で新聞バックの講習を受けたのは去年の7月。
それ以来、こんなに真剣になったことはなかった。
それが、、、。

新聞バック

近々、近所のイベントで販売するらしいのだが、せっかく高知まで行って、インストラクターになったのだから、どんどん技術を生かして活躍してくれ。

セルフビルドの家

原村で、瀬戸漆喰を購入して下さったお施主さんの現場。
本職ではないが、本職顔負け、手刻みでボード・合板不使用の、こだわりの住宅。
外観も温かみがあって素晴らしい。

瀬戸漆喰

以前、甲府の瀬戸漆喰の現場を見に来てくださり、今回ご自宅で瀬戸漆喰を使ってくださることになった。
瀬戸漆喰を10袋納入。

瀬戸漆喰

少し前に収めた10袋で、すでに壁が塗られていた。

瀬戸漆喰

普段木摺りにはスギを使っているが、ここの木摺りはストックのあったカラマツの板を使用している。
それぞれの木に特徴があり、長所・欠点があるが、カラマツは水に強く硬い材で、構造材に使うと丈夫な家が出来る。
ただし癖が強く、ねじれたり割れたりヤニが出たりしやすいので、その点注意と理解が必要だ。
木摺りなどの細かい材になると、釘を打つと特に割れやすく、その点扱いが難しいが、丈夫なのでメリットもある。
特に中日本では、戦後に競って植えられた樹種で、住宅用としては比較的新しい材といえるかもしれない。
長野県ではカラマツ林の面積が広く、割と一般的な材料であり、建材としての利用価値があるので、住宅に限らず、もっと積極的に使って行くべきだと思う。

瀬戸漆喰

新しい材で今までにない使い方をする場合、経過観察は重要。
このお宅もカラマツの木摺り下地に瀬戸漆喰を塗った、おそらく最初の現場となるわけで、この後どんな風に壁が仕上がるのかとても興味深く、経過を見守りたいと思う。

瀬戸漆喰

同窓会

中学を卒業して今年で35年。
初めて行われた学年同窓会に参加。
1学年5クラス、180名ほどの学年だったが、80名ほどが出席した。
僕は4組で、昨年定年退職したという、当時はまだ若かった担任の先生も来てくださった。

同窓会

高校から県外に行ってしまった僕としては、ほとんどの人とは卒業以来会っておらず、すなわち35年ぶり。
小・中と、どこかで同じクラスになったことのある人は良く覚えていて、話をしているうちに、次から次へと忘れていたはずの思い出が蘇ってきた。

ホテルで行われた学年同窓会の後は、クラスごとに分かれて2次会へ。
結局最後は他のクラスも合流、3次会で午前2時まで盛り上がりました。

久しぶりに会った昔の友人たちとの話は、時間が35年前に戻ってしまったみたいで、もうすっかり埋もれてしまっていた深いところの記憶を、突然掘り起こされたような不思議な感覚だった。

準備をしてくれた実行委員の皆さん、ありがとうございました。
次は5年後、卒業40周年かな。
その時はみんないくつなんだよ、、、あまり考えたくないね。