瀬戸漆喰サンプル作り

11月10日(月)予定している瀬戸漆喰講習会の案内を、知り合いを中心に行っているが、そんな中、講習会にお誘いした顔見知りの大工さんから、下地の木摺りについて質問を受けた。
「普段モルタル下地に使っているザラ板には塗れないの?」
「塗れないことはないけれど、リスクはありそう。」
と、答えたが、今まで実際にやったことはなかったので、サンプルを作ってみた。

瀬戸漆喰サンプル

厚み12ミリ、幅90ミリのザラ板(スギ)を約10ミリの隙間で張り、そこへ直接瀬戸漆喰を塗る。
左側は、普段使っているサイズ(幅30ミリ、厚15ミリ、隙間約9ミリ)の下地を使ったサンプル。

瀬戸漆喰サンプル

表の比較。

瀬戸漆喰サンプル

ザラ板に塗ったサンプルの拡大写真。
浮き出た下地のアクが幅広い。

瀬戸漆喰サンプル

ひび割れなどは全くなく、節のない十分乾燥したザラ板を使えば、問題なく施工できるかもしれない。
普段使っている材料や工法で施工出来るのは、コスト的にもかなりメリットがある。
しかもモルタルを塗る場合に必要なフェルトやラス網が要らないとなれば、手間や工程を簡素化することが出来、かなり有利だ。
以前参加した講習会で、ある工務店の社長さんが自社で製作されたスリット入りの間柱を持って来られ、「これに塗れないか」と質問されたことがあるが、そういう工夫が出来るのも、瀬戸漆喰のような自然材料の良さの一つだと思う。
下地についてもまだまだ工夫の余地があり、更に実験を重ね、瀬戸漆喰を多くの人に使ってもらえるよう、可能性を広げていきたいと思っている。

瀬戸漆喰サンプル作り

11月10日(月)に行う予定の、瀬戸漆喰講習会に向け、こつこつサンプル作りをやっている。
この日は、瀬戸漆喰下地に土の仕上げ塗り。

瀬戸漆喰サンプル

今、左官屋さんが忙しくて手伝ってもらえないので、やむを得ず自主施工。

瀬戸漆喰サンプル

なかなかうまく塗れなくて、スッキリしない思いを抱きつつ、それでも土が持つ素材の魅力一杯のサンプルが幾つか出来あがった。

瀬戸漆喰サンプル

これまでの常識では、竹木舞に土壁を厚く付け、中塗りで下地を作り、漆喰で仕上げるという壁が、いわゆる「土壁」の主流だった。
ところが、手間や工期がかかること、強度不足や防耐火の認定取得の遅れなどの理由から、今ではほとんどする人がいなくなってしまった。
確かに手間は掛かるが、技術的には決して難しい工法ではなく、調湿や蓄熱など、壁としての性能もこれ以上ないというほど優れており、機会があれば是非やってみたい工法だと思っている。
それでも強度や耐久性などの点で、欠点も認められ、現代の住宅にそのまま取り入れるのがためらわれるのも確かなのだ。
そこで今回試してみたサンプル、逆転の発想で、木摺り下地に瀬戸漆喰を塗り、その上に土壁で仕上げるというやり方。
瀬戸漆喰の可能性を広げる仕上げのやり方で、かなりメリットがあると実感した。
このやり方が優れていると感じた点をいくつか挙げてみよう。
①下地が強いのでひび割れがおきにくい。
②漆喰の水に弱いという欠点を、表面の土壁が補ってくれる。
③塗り替えの時、表面の土のみ塗り替えが可能。
④竹木舞ではなく木摺り下地なので、工期短縮が可能。
⑤土壁程の厚塗りではなく、乾燥期間の短縮にもつながる。
⑥土壁程ではないが、漆喰の調湿・蓄熱効果が期待できる。
⑦耐火・準防火認定での施工が可能。
⑧断熱材も入れやすく、工法選択の幅が広い。
等々。
瀬戸漆喰に色を付けたいという問い合わせはよく頂くが、漆喰下地の上塗りで色土を使うというのは、一つの選択肢として有力な方法だと思う。

試せば試すほど、やればやるほど可能性が広がる建材「瀬戸漆喰」。
皆さんもいろいろ試してみてください。

暖炉

現在リフォームの仕事をさせて頂いている現場で、暖炉のかさ上げを行った。

暖炉

既存の暖炉の上部にコンクリートでスラブを打設、その上に耐火煉瓦で築炉。

暖炉

いつものタイル屋さん、良い仕事をしてくれました。

暖炉

元から付いていた、傘や部品を取り付けて終了。

暖炉

目地が乾いたら煙突を取り付けて完成だ。
何とか冬に間に合った。

土楽窯

伊賀の土楽窯さんを訪ねた。

土楽窯

建築工房 藁 と土楽釜さんの接点はというと、こちら。
ミニかまどで、土楽釜さんの羽釜を使わせて頂いているのだ。

かまど

念願かなってようやく伺うことが出来たが、そこは伊賀の山々に囲まれた素晴らしい環境。
思わず長居したくなるような素敵なギャラリー。
土鍋をはじめ、たくさんの作品が飾られていた。

土楽窯

さりげなく活けられた生け花も、このセンス。
素晴らしい。

土楽窯

猫ちゃんも迎えてくれました。

土楽窯

工房の前には、たくさんの土鍋たちが出番を待っていた。

土楽窯

大きな行事の前でお忙しい中、対応して下さった道歩さん、皆さま、ありがとうございました。
この出会いとお引き合わせに、感謝です。